Internet exploloerはサポート対象外ため、表示が崩れることがあります。 他のブラウザをご使用いただくか、Google Chromeをインストールすることで正しく表示することができます。

その他の案件の弁護士費用

当事務所では、事件を受任するにあたり発生する着手金と、終了したときに発生する報酬金を申し受けます。
また、終了時の経済的利益によって成功報酬が別途発生します。案件の種類によってお見積り方針が異なりますので、まずはご相談ください。ご契約前にお見積書を提示させていただきます。

※表示金額はすべて税込みです。

法律相談

30分5,500円

法律民事事件(訴訟・非訟等)

着手金

事件の経済的な利益の額が
300 万円以下の場合 経済的利益の 8.8%
300 万円を超え 3000 万円以下の場合 5.5%+9.9 万円
3000 万円を超え 3億円以下の場合 3.3%+75.9 万円
3 億円を超える場合 2.2%+405.9万円

  • ※着手金の最低額は 10 万円 とします。
  • ※事件の内容により,30%の範囲内で増減額することがあります。
報酬金

事件の経済的な利益の額が
300 万円以下の場合 経済的利益の 17.6%
300 万円を超え 3000 万円以下の場合 11%+19.8 万円
3000 万円を超え 3 億円以下の場合 6.6%+151.8 万円
3 億円を超える場合 4.4%+811.8万円

  • ※事件の内容により,30%の範囲内で増減額することがあります。

その他の事件

別途お見積りいたします。

ご相談は予約制です。こちらまでお電話ください。
法律相談料:30分5,500円(税込)

EAPのご相談はこちらまでお電話ください。

メールで相談申込み

弁護士費用の種類について

相談費用

依頼前の法律相談にかかる費用です。

法律相談されても必ず弁護士に依頼しなければならないわけではありません(ご依頼をお勧めしない場合もあります)。当事務所では30分5,500円とし、以降15分ごとに2,750円ずつ発生します。ただし、交通事故や債務整理など、ご相談が無料の分野がございます。詳細はお電話にてお問い合わせください。

またそのままご契約となった場合、契約時の法律相談料は事後的に無料として着手金や報酬金に充当します。

着手金

弁護士に依頼するときにお支払いいただく費用です。

結果が成功するか、請求が認められるかなどに関わらず、弁護士の活動費用として必要となるものです。

報酬金

弁護士の活動が成功した際に発生する費用です。

契約で定められた請求や活動結果の内容に応じて算定し、ご請求します。

事務手数料・実費

弁護士の活動に際して必要となる交通費、郵便費用、印紙代、書類取得費用などです。

交渉までか、調停や訴訟などを行うかなどの活動内容によってかかる費用が変わります。

日当

弁護士が事務所の所在地から移動を要する場所で活動する際に発生する費用です。

交通費や宿泊費などの費用とは別に発生します。

電話で法律相談予約をする メールで問い合わせる アクセスを見る