Internet exploloerはサポート対象外ため、表示が崩れることがあります。 他のブラウザをご使用いただくか、Google Chromeをインストールすることで正しく表示することができます。

2022年10月21日・読了時間:2分

【解決事例/不貞慰謝料】請求された側:真摯に協議し400万円以上の減額に成功。

更新日:2022年10月23日

OPEN

弁護士の貞永憲佑です。
今回は、不貞慰謝料を請求された事案での解決事例をご紹介致します。


結果

請求額500万円和解額70万円 

概要:突然弁護士から来た500万円の請求

この事案では、配偶者がいることを知りながら不貞をしてしまった方からのご依頼でした。
ご依頼者が相手方の弁護士から請求された慰謝料の金額は、500万円。
どうしてよいものか分からずに、当事務所にご相談にいらっしゃいました。


当事務所での弁護方針:事実や裁判例に基づいた真摯な交渉

まず、ご相談の際に詳細に不貞の状況を伺いました。
そのうえで、不貞は違法な行為であるものの、だからといって「相手のいいなりにならなければ反省したことにならないわけではない」ということをお伝えしました。
ご依頼に当たり、どのような方針で、どのくらいの金額での和解を目指すのかを検討していきました。

不貞行為は、被害者が離婚に至ったかや、不貞行為の期間・回数・頻度など、さまざまな事実関係によって適正な金額が異なります。
今回の事案においては、当職を通して、慰謝料の支払意思があることを相手方弁護士に示しつつ、真摯に事実関係に基づいた冷静な交渉を行いました。
また、不貞行為の慰謝料においては、求償権を行使するかどうかも支払額に影響することがあります。
これらのさまざまな要素にも基づいて、弁護士同士での交渉をした結果、裁判例等を前提にした冷静な議論を行うことができ、最終的には400万円以上を減額した形で和解することができました。


担当弁護士からのコメント:

事実関係をヒアリングしたところ、本件では明らかに多額の慰謝料請求でした。
当事者本人では法律上の主張をすることが難しい場合でも、弁護士であれば裁判例などに基づいた真摯で冷静な交渉を行うことができます。
また、自分で相手方弁護士と交渉するというのは、思った以上に精神的ストレスになるという方も多いようです。
弁護士同士の冷静な交渉により、ご依頼者に迅速に平穏な日常を取り戻して頂くことができました

お困りの方はお気軽にご相談ください。

〒879-0471
大分県宇佐市四日市1367-3あけぼのビル1階
貞永法律事務所
弁護士 貞永 憲佑
TEL 0978-33-5551/FAX 0978-33-5552

当事務所では、大分県内~福岡県南部のご相談を中心に、さまざまな地域からご相談を受けております。大分県宇佐市、中津市、豊後高田市、日田市、速見郡日出町、杵築市、大分市、別府市、福岡県豊前市、行橋市など幅広く対応中です。

取扱分野は、交通事故、離婚、不貞慰謝料、相続、刑事事件、債務整理、インターネット問題などの個人のご相談の他、IT・エンタメ領域や様々な分野の企業からのご依頼を頂いております。

※対応は九州全域でしております

最新記事

すべて表示

電話で法律相談予約をする メールで問い合わせる アクセスを見る