Internet exploloerはサポート対象外ため、表示が崩れることがあります。 他のブラウザをご使用いただくか、Google Chromeをインストールすることで正しく表示することができます。

2022年10月21日・読了時間:1分

【解決事例/不貞慰謝料】請求側:証拠を固めて反論を許さなかった事案

更新日:2022年10月23日

OPEN

結果

獲得額100万円


概要:不貞相手を配偶者に近づけないための選択として慰謝料を請求

ご依頼者はすでに不貞相手と不貞の証拠をつかんで、当事務所のご相談にいらっしゃいました。
配偶者の不貞行為を知っても、離婚するつもりはないとのことであったため、不貞相手に不貞行為をやめさせるための活動として、慰謝料請求を選択した事例です。
結果的に、綿密な証拠確保が功を奏し、比較的多額の慰謝料を獲得できました。


当事務所の弁護方針:綿密な証拠準備により、早期に解決。

相手方に対して不貞行為をやめるように何度も本人同士で働きかけてきましたが、応じてもらえませんでした。
そこで、不貞行為をやめてもらうため、すぐに訴訟を提起することになりました。
訴訟を提起したあとも、相手方は不貞行為の期間や回数などを争っていました。
しかし、事前に打ち合わせの上で証拠をしっかりと確保していたため、すぐに相手の主張に対して的確な反論をすることができました。
その結果、離婚に至っていない事例ではありましたが、訴訟の中で100万円という比較的多額の和解をすることができ、さらに不貞行為をやめることを約束してもらうことができました。


担当弁護士からのコメント:慰謝料請求だけでなく、気持ちに添った活動を。

不貞の慰謝料を請求する場合、どのような目的でそれを行うのかをきちんと確認して活動するようにしています。
今回の場合は、早く相手を遠ざけることが目的の一つだったため、早期に訴訟を提起し、不貞行為をしないことを約束してもらうことを目指しました。
弁護士からはご相談の際、「どのような目的で不貞慰謝料のご相談に来られたのか」ということを必ず聞くようにしています。

お困りの方はお気軽にご相談ください。

〒879-0471
大分県宇佐市四日市1367-3あけぼのビル1階
貞永法律事務所
弁護士 貞永 憲佑
TEL 0978-33-5551/FAX 0978-33-5552

当事務所では、大分県内~福岡県南部のご相談を中心に、さまざまな地域からご相談を受けております。大分県宇佐市、中津市、豊後高田市、日田市、速見郡日出町、杵築市、大分市、別府市、福岡県豊前市、行橋市など幅広く対応中です。

取扱分野は、交通事故、離婚、不貞慰謝料、相続、刑事事件、債務整理、インターネット問題などの個人のご相談の他、IT・エンタメ領域や様々な分野の企業からのご依頼を頂いております。

※対応は九州全域でしております

最新記事

すべて表示

電話で法律相談予約をする メールで問い合わせる アクセスを見る