Internet exploloerはサポート対象外ため、表示が崩れることがあります。 他のブラウザをご使用いただくか、Google Chromeをインストールすることで正しく表示することができます。

2022年10月22日・読了時間:2分

【解決事例/離婚/男性側】相手の慰謝料請求を調停で排除した事案

更新日:2022年10月23日

OPEN

結果

慰謝料請求額500万円 → 0円 

概要:突然慰謝料と共に申立てられた離婚調停

ご依頼者の配偶者は突然出ていき、500万円もの慰謝料請求を伴う離婚調停申立てをしてきました。
初回の調停はご本人で対応されていましたが、身に覚えのない原因での慰謝料を請求されているにもかかわらず、調停委員から支払いを検討するように言われたとのこと。
困り果てた様子でご相談にいらっしゃり、当職がご依頼を受けました。

 

当事務所での弁護方針:証拠状況に基づき相手方の請求を排除

幸い、弁護士が受任したタイミングがまだ調停が2回目だったため、早期に交渉状況を立て直すことができました。
配偶者が請求している慰謝料は何ら根拠がないと思われたため、調停では慰謝料に請求原因がないことを伝えました。また財産分与や慰謝料などを検討すると、むしろこちらから配偶者に金銭の支払いを請求できるような状況であったことがわかりました。

この時点で、ご依頼者には2つの選択肢がありました。
①こちらから金銭の請求をしつつ、長期間の争いを続けるか、②金銭面では譲歩しつつ早期に離婚するかです。
当職からは、それぞれの選択肢をとった時のメリットやデメリットを説明し、ご依頼者自身の人生観や今後の人生について考えていただいた結果、最終的に想起の離婚を目指す形になりました。

結果的に、相手の請求を完全に排除したうえで、早期に離婚することができました。

 

担当弁護士からのコメント:生き方に寄り添った弁護方針が大事

離婚事件では、解決方針にご依頼者の人生観や生き方が大きく影響します。
徹底的に争う場合もありますが、その場合は時間や費用が掛かり、最終的に相手から金銭賠償などを獲得できない事案もあります。
また、今回は早めにご依頼いただいたことも、早期解決につながったポイントでした。

当事務所では複数あるシナリオについて、できる限り丁寧に説明することを心がけております。
私自身もまだまだ知識や経験の研鑽を重ね、ご依頼者へ最良の弁護活動を提供できるよう努力してまいります。

お困りの方はお気軽にご相談ください。

〒879-0471
大分県宇佐市四日市1367-3あけぼのビル1階
貞永法律事務所
弁護士 貞永 憲佑
TEL 0978-33-5551/FAX 0978-33-5552

当事務所では、大分県内~福岡県南部のご相談を中心に、さまざまな地域からご相談を受けております。大分県宇佐市、中津市、豊後高田市、日田市、速見郡日出町、杵築市、大分市、別府市、福岡県豊前市、行橋市など幅広く対応中です。

取扱分野は、交通事故、離婚、不貞慰謝料、相続、刑事事件、債務整理、インターネット問題などの個人のご相談の他、IT・エンタメ領域や様々な分野の企業からのご依頼を頂いております。

※対応は九州全域でしております

最新記事

すべて表示

電話で法律相談予約をする メールで問い合わせる アクセスを見る