Internet exploloerはサポート対象外ため、表示が崩れることがあります。 他のブラウザをご使用いただくか、Google Chromeをインストールすることで正しく表示することができます。

2022年11月08日・読了時間:1分

【解決事例/離婚/女性】話し合いに応じない夫と弁護士介入で早期に離婚できた事例

更新日:2022年11月08日

OPEN

結果

受任から1.5ヶ月での離婚成立

概要:当事者同士では離婚協議が進まない

ご依頼者は離婚を決意されてから半年以上にわたり、夫に対して離婚したい旨を伝えてこられました。
しかし離婚協議に正面から応じてもらえず、ご依頼者の結婚生活に対する不満は募っていきました。
その後、ご自身での離婚協議はこれ以上進展が望めないと考え、当事務所にご依頼されました。

当事務所の弁護士方針:早期に調停を申立て

今回の事案では、配偶者(夫)との協議が進展しないことが最も大きな課題でした。
そこで、ご依頼者の離婚したいという意思の本気度を伝えるため、弁護士を代理人にたててすぐに離婚調停を申立てました。
その後は配偶者にも弁護士がついたため、親権・面会交流や養育費についても裁判所の基準に則した議論ができるようになりました。
結果的に、ご依頼から1.5ヶ月という短期間でのスピード解決となりました。

弁護士からのコメント:弁護士への依頼で劇的に離婚へ進展

離婚の条件でもめるような場合だけでなく、「当事者間では離婚の話し合いが進まない」というのがご依頼にきっかけになった事例です。
どちらか一方が離婚に対する本気度が先に高まったが、他方がまともに話し合いに応じないというお悩みはよくあります。
弁護士に依頼するメリットとして、法的な主張をして条件面でなるべく有利に離婚するということももちろんありますが、そうでない場合でも、弁護士を代理人に立てることは離婚意思の本気度を伝えるという効果もあります。
本件は、夫婦間では離婚の協議が進まなかった場合でも、弁護士に依頼後は劇的に状況が進展したという事例でした。

お困りの方はお気軽にご相談ください。

〒879-0471
大分県宇佐市四日市1367-3あけぼのビル1階
貞永法律事務所
弁護士 貞永 憲佑
TEL 0978-33-5551/FAX 0978-33-5552

当事務所では、大分県内~福岡県南部のご相談を中心に、さまざまな地域からご相談を受けております。大分県宇佐市、中津市、豊後高田市、日田市、速見郡日出町、杵築市、大分市、別府市、福岡県豊前市、行橋市など幅広く対応中です。

取扱分野は、交通事故、離婚、不貞慰謝料、相続、刑事事件、債務整理、インターネット問題などの個人のご相談の他、IT・エンタメ領域や様々な分野の企業からのご依頼を頂いております。

※対応は九州全域でしております

最新記事

すべて表示

電話で法律相談予約をする メールで問い合わせる アクセスを見る