Internet exploloerはサポート対象外ため、表示が崩れることがあります。 他のブラウザをご使用いただくか、Google Chromeをインストールすることで正しく表示することができます。

家族が逮捕されてしまったら、すぐに弁護士にご相談ください。 家族が逮捕されてしまったら、すぐに弁護士にご相談ください。

家族が逮捕されてしまったら、すぐに弁護士にご相談ください。

釈放・保釈してほしい
前科をつけたくない
執行猶予にしてほしい
職場や学校に知られたくない
無実・冤罪を証明してほしい
被害者と示談したい
家族と面会したい(接見禁止)
新しい人生の一歩を。

ご家族が逮捕された方へ

弁護士にできるサポートはとても多いです

見覚えのない電話番号から電話が来て、警察から家族が逮捕されたことを知らされた方は、突然の出来事に大きな不安を抱かれていると思います。

また、逮捕直後は家族でも面会することはできませんが、弁護士であれば面会してご本人から事情を聞くことができます。そこから示談の対応を行って早期の釈放を図ったり、不起訴処分につなげるための活動を行ったりできます。

刑事弁護はスピードが命です

逮捕されると、その後72時間以内に勾留されるかどうかが決まり、勾留されると最大で逮捕から23日間の身体拘束が及びます。また、刑事事件は刻々と手続が進んでしまうため、身体拘束の長期化を阻止したり、裁判で不利にならないように準備したりする活動はとにかくスピードが命です。

しかし、どうしてよいか分からないまま時間を過ごしてしまうと、刻一刻と経緯事件の手続は進んでしまいます。そして逮捕後に身体拘束が長期化してしまうことも十分にあり得ます。

ご家族が逮捕されたら、すぐに弁護士にご相談ください。

当事務所では、安心してご依頼いただけるよう、
わかりやすい弁護士費用をご用意しています。

このようなご要望はありませんか?

  • 釈放・保釈してほしい

    逮捕・勾留され身体拘束を受けている状態での身体的・精神的な負担は相当なものです。逮捕されてから裁判までこれが最長で23日続き、裁判が始まってからも保釈されなければ身体拘束は続いてしまいます。そして、その間に会社を解雇されたり、社会的信用が失墜したりすることがあります。

    弁護士は裁判までの間で早期に身体拘束から解放されたり、裁判開始後は保釈によって解放を得られるよう検察官への働きかけや裁判所への保釈請求を行い、早く普段の生活に戻れるようサポートいたします

  • 不起訴にしてほしい/執行猶予・罰金にしてほしい

    実際に罪を犯してしまっていた場合でも、被害者へ賠償をして示談が成立していたり、その後の生活を監督したりする人がいるなどの事情があると、検察官が不起訴として裁判にならなかったり、執行猶予や罰金刑などで懲役等の実刑を免れることがあります。

    早期に弁護士に依頼することで、このような処分や判決にに向けた活動ができる時間が増え、よりよい状況を作りやすくなります。

ご相談は予約制です。こちらまでお電話ください。
法律相談料:30分5,500円(税込)

EAPのご相談はこちらまでお電話ください。

メールで相談申込み

当事務所で取り扱っている事件の種類(一部)

    財産事件

  • 窃盗罪(万引きを含む)
  • 詐欺罪
  • 恐喝罪
  • 横領罪・背任罪
  • 住居(建造物)侵入罪
  • 器物損壊

    薬物事件

  • 覚せい剤取締法違反
  • 大麻取締法違反
  • 麻薬及び向精神薬取締法違反

    暴力事件

  • 暴行罪・傷害罪
  • 脅迫
  • 公務執行妨害
  • 威力業務妨害

    交通事故

  • 人身事故・死亡事故
  • 自動車運転過失致死罪
  • 自動車運転過失致傷罪
  • 危険運転致死罪

..その他各種犯罪事件

重点対応地域

当事務所では、大分県内~福岡県南部のご相談を中心に、さまざまな地域からご相談を受けております。
大分県宇佐市、中津市、豊後高田市、日田市、速見郡日出町、杵築市、大分市、別府市、福岡県豊前市、行橋市など幅広く対応中です(県外からも福岡県、東京都など幅広くご相談をいただいております)。

依頼する弁護士に迷われている方は
こちらもご覧ください

弁護士の探し方・選び方

電話で法律相談予約をする メールで問い合わせる アクセスを見る