Internet exploloerはサポート対象外ため、表示が崩れることがあります。 他のブラウザをご使用いただくか、Google Chromeをインストールすることで正しく表示することができます。

離婚に関するトラブルは弁護士への相談が解決への近道です。不貞・不倫の慰謝料を請求したい。離婚に応じてもらえない。財産分与・養育費がまとまらない。子どもに会えない。法律相談30分5,500円 離婚に関するトラブルは弁護士への相談が解決への近道です。不貞・不倫の慰謝料を請求したい。離婚に応じてもらえない。財産分与・養育費がまとまらない。子どもに会えない。法律相談30分5,500円

離婚に関するトラブルは弁護士への相談が解決への近道です。

不貞・不倫の慰謝料を請求したい。
離婚に応じてもらえない。
財産分与・養育費がまとまらない。
子どもに会えない。
法律相談30分5,500円

このようなお悩みはありませんか?

あなたが望む未来へ向けて、一緒に歩みます。

「離婚後をともに考える」
これが当事務所の活動ポリシーです。

法律的な解決方法はある程度相場やセオリーが決まっています。しかし一口に「離婚」といっても、ご依頼者の方が大切にしている価値観や生き方も十人十色ですし、離婚にあたって望むものや、悩んでいることはひとりひとり異なります
そして、離婚が成立して弁護士が離れても、ご依頼者の人生は続きます。
だからこそ当事務所では、ご依頼者の方の離婚後をともに考えた活動を意識しています。

「離婚にあたって何を望みますか?」
「これからどんな人生を歩みたいですか?」

ご相談時に必ずと言っていいほどお聞きする言葉です。
離婚という経験を乗り越え、ご依頼者の人生が再びカラフルに輝くよう、一緒に考えてまいります。

このようなお悩みはありませんか?

  • 慰謝料

    相手の浮気・不倫が発覚したが、離婚にあたり慰謝料を払ってもらえない。自分の場合は慰謝料の相場がいくらかわからない。

  • 養育費・婚姻費用

    養育費の金額が決まらない。別居中の生活費が支払われない。離婚後に養育費の支払いが滞らないようにしたい

  • 財産分与

    財産分与の話し合いが進まない。相手が財産を隠している。マンションや家のローンがあり、計算が複雑で困っている。

  • 親権・面会

    子供に会えない。親権で争っていて決まらない。面会交流の条件が決まらず、子供に会わせてもらえない。

弁護士に相談や依頼をすることで、話し合いを前に進めることができます。

離婚の話し合いはどうしても感情的なわだかまりや過去の出来事などが積み重なってしまうため、冷静に話し合うことができずなかなか前に進まないものです。特に慰謝料や財産分与などの過去の清算や、養育費や面会などの先の見えない将来のお金の話になると、不安も伴うので一人では判断できないことも多いかと思います。

弁護士を代理人に立てることで、交渉の窓口は弁護士に代わります。そのため、弁護士を通して冷静に自分の意見を伝え、相手の意見も法律的な情報として整理して聞くことができます。さらに、弁護士がする交渉はこれまでにあった過去の裁判例や判例を前提にしていますので、適正で納得のいく条件で離婚しやすくなります。

当事務所では、安心してご依頼いただけるよう、
借金問題の法律相談を無料としています。

弁護士に依頼するメリット

  • 専門家を入れて冷静に話し合えます

    離婚の協議は、当事者同士ではどうしても感情的になってしまい、お互いが譲らず進まなくなります。専門家である弁護士が交渉や調停、裁判をサポートすることで、冷静に離婚後の方針を立てることができ、あなたの未来に向けて歩みだすことができます。

  • 難しい手続のサポートを受けられます

    離婚協議(話し合い)でまとまらない場合、それでも離婚したいときは離婚調停や裁判に発展します。調停や裁判は家庭裁判所で行われる手続で、当事者だけで進めるには不安と精神的負担が伴います。弁護士が同席・サポートすることで、安心して法的手続を進めることができます。

  • 養育費や財産分与などが適正な金額に近づきます

    当事者同士で離婚の話し合いをしていても、適正な養育費や財産分与の金額が分からず、あとで後悔する方がいます。しかし養育費や財産分与については過去にたくさん裁判が行われており、裁判所の過去の判決(判例・裁判例)の集積があります。そのため、養育費や財産分与の金額には適正な金額があり、弁護士はこれらに基づいて主張を行います。

  • 自分の思いを法的に整理して主張できます

    離婚の話し合いをする中で、当事者の中にはさまざまな思いや感情が湧いてきます。しかしその思いを感じたまま主張しても、適正な離婚や未来に向けた一歩には近づきません。弁護士に離婚と今後の未来への思いを話し、弁護士とともに手続きを進めることで、描いた未来に向けた法的主張をすることができます。

ご相談は予約制です。こちらまでお電話ください。
法律相談料:30分5,500円(税込)

EAPのご相談はこちらまでお電話ください。

メールで相談申込み

離婚手続の種類

  • 協議離婚

    夫婦の話し合いにより合意に至った場合、役所へ離婚届を提出します。ただし養育費その他の条件は離婚届には反映されず、離婚協議書や公正証書を作成する必要があります。

  • 調停離婚

    協議離婚ができない場合、家庭裁判所で調停委員を間に入れて話し合いを行います。ここでも協議離婚と同様、合意に向けた話し合いで解決を試みます。

  • 審判離婚

    調停の過程で合意に至れない場合、家庭裁判所が審判を行って離婚することがあります。ただしこれはめったに行われず、稀なケースです。

  • 裁判離婚

    協議や調停で合意に至らない場合、裁判所に離婚裁判を提起し、判決による離婚が検討されます。慰謝料、財産分与、親権、養育費などはすべて判決で決められます。

弁護士からのアドバイス

  • 離婚届を先に出してしまうと、あとから慰謝料や養育費の話し合いを持ち出したり、合意内容を書面にしたり、一度決めた条件を変えることは難しくなります。あとで後悔しないためにも、弁護士に相談しておくことをお勧めします。

  • 調停では調停委員が間に入りますが、あくまで中立的な立場です。また調停の中で流れが悪くなり、立場が弱くなってしまってから挽回するには、とても困難が伴います。そのため、調停を行う場合でも早めに弁護士に相談することをお勧めいたします。

  • 離婚裁判となると、裁判所での手続きになるため、当事者本人だけで行うことはとても難しい手続きとなります。また裁判が終わった後では、ほとんどのケースで決まったことを覆せません。調停中にうまくいかない場合は、弁護士にご相談ください

悩み別・弁護士に相談するタイミング

  • 離婚の話し合いをしているがまとまらない

    当事者同士での離婚協議がまとまらない場合、お一人で協議や調停による解決をすることは難しくなってきます
    このようなときは弁護士に相談することをおすすめします。

  • 離婚協議中の相手が弁護士を立てた

    相手方弁護士の主張に反論するには、専門的な知識が必要となります。
    このようなときはすぐに弁護士に相談したほうがよいでしょう。

  • 養育費や財産分与がこれでよいのか不安

    養育費や財産分与などを決めずに離婚してしまうと、あとで支払わせるのが難しくなってきます
    離婚の合意だけしているときも、本当にこの条件でよいのかを弁護士に相談したほうがよいでしょう。

  • 相手の浮気が発覚して離婚の決意を固めた

    相手の浮気・不倫が発覚した場合、冷静に離婚の話し合いをするには相当な精神的負担が伴います。
    また慰謝料などの適正額・相場も弁護士にアドバイスを受けるほうが、適切な解決ができます。

  • 相手が出て行ってしまい、離婚したいといわれた

    突然の出来事と離婚の申し出に動揺しているときは、冷静な判断や話し合いができにくくなります
    このようなときは弁護士への相談をおすすめします。

ご相談は予約制です。こちらまでお電話ください。
法律相談料:30分5,500円(税込)

EAPのご相談はこちらまでお電話ください。

メールで相談申込み

重点対応地域

当事務所では、大分県内~福岡県南部のご相談を中心に、さまざまな地域からご相談を受けております。
大分県宇佐市、中津市、豊後高田市、日田市、速見郡日出町、杵築市、大分市、別府市、福岡県豊前市、行橋市など幅広く対応中です(県外からも福岡県、東京都など幅広くご相談をいただいております)。

依頼する弁護士に迷われている方は
こちらもご覧ください

弁護士の探し方・選び方

電話で法律相談予約をする メールで問い合わせる アクセスを見る