Internet exploloerはサポート対象外ため、表示が崩れることがあります。 他のブラウザをご使用いただくか、Google Chromeをインストールすることで正しく表示することができます。

不倫・不貞の慰謝料請求は弁護士へご相談ください 不倫・不貞の慰謝料請求は弁護士へご相談ください
浮気相手が許せない。
話し合いが進まない。
パートナーの浮気相手に慰謝料を請求したい方

不倫・不貞の慰謝料請求は弁護士へご相談ください

慰謝料請求を弁護士に依頼すべき理由

弁護士が代理人となることで、”慰謝料請求を通してしっかり責任追及できます”

浮気・不倫が発覚した場合に、当事者同士の話し合いで解決しようとしても多くのケースで、
・浮気や不倫を認めない
・浮気相手の居場所や住所がわからない
・居直って支払おうとしない
・証拠に基づいた主張ができない

などのことが起こります。
実は浮気・不貞の慰謝料が当事者同士で適切に支払われ、解決に至ったという話はとてもまれなケースです。

浮気・不貞の慰謝料を十分に獲得するには、適切な証拠の収集を行い、それに基づいて適正な金額の請求を行うことが必要ですが、どうしても当事者ではそれは難しいのです。しかも、浮気・不貞という精神的ダメージの大きな問題に対処することになるため、当事者同士の話し合いでは冷静さを欠き、うまく協議が進まないこともよくあります。

弁護士を代理人に立てることで、過去の裁判例・判例に照らして、適切な証拠収集や金額の主張を行えます
また、弁護士を通して相手方と話し合いを進めることができるため、冷静かつ十分な責任追及を浮気相手にすることができます

悩み別・解決方針

  • 結婚しているパートナーの浮気が発覚した

    浮気・不倫が発覚した場合は、必ず証拠に基づいて請求する必要があります。また、結婚生活や浮気・不倫の状況によって適切な慰謝料の金額は変わります。自分の場合は請求できるのか?いくらになるのか?など、弁護士に相談しながら進める必要があります。

  • 不倫相手に慰謝料請求したいが、
    話し合いがまとまらない

    浮気・不倫の慰謝料請求は、当事者同士で行おうとするとどうしても感情的になってしまい、話し合いが平行線になりがちです。弁護士を代理人に立てることで、冷静かつ現実的な慰謝料金額の交渉が可能となります。

このような問題を抱えていませんか?

浮気・不倫の慰謝料を請求したいけれど…

  • パートナーの浮気相手に責任追及したい
  • この証拠で慰謝料請求ができるか知りたい
  • 慰謝料の相場がいくらになるかわからない
  • 誰にも知られずに請求したい

プライバシーに十分配慮された事務所で
リラックスして悩みをお話しください

ご相談は予約制です。こちらまでお電話ください。
法律相談料:30分5,500円(税込)

EAPのご相談はこちらまでお電話ください。

メールで相談申込み

弁護士に依頼するメリット

  • 浮気相手に本気の怒りを伝えられます

    たとえ浮気・不倫をしても、罪悪感を持たずに開き直る人もお送ります。しかし弁護士を代理人に立てて浮気・不倫の慰謝料を請求することは、浮気・不倫の相手に「うやむやにする気はない」「本気で怒っている」というあなたの気持ちを表すことになります。弁護士からの内容証明郵便が届くことで、浮気相手の態度が変わるケースも多くあります。

  • 冷静に解決に導くサポートが受けられます

    信頼していたパートナーに裏切られた精神的ダメージははかり知れません。普段どんなに冷静な人でも、身体の不調や気持ちの落ち込み・怒りで冷静な判断や話し合いができないことも多くあります。
    しかしそれでは解決は遠のいてしまうため、弁護士を代理人に立てることをおすすめします。

  • 適正な金額を請求できます

    不倫・不貞の慰謝料には、浮気・不倫行為の事案や態様によって適正な慰謝料の金額がありますが、事実関係をしっかりと分析して算定する必要があります。このような適正な金額算定は専門家である弁護士に相談し、適切な金額での早期解決を目指すことをおすすめします

不倫・不貞の慰謝料相場はどのくらい?

浮気・不倫の慰謝料の金額は、事案や要素によってさまざまですがおよそ数十万円~300万円ほどといわれています。
慰謝料を増額させる要素としては、以下のようなものがあげられます。

・浮気・不倫が原因で離婚や別居に至った
・浮気・不倫の期間が長い
・肉体関係を持った回数や頻度が多い
・浮気された方に子どもがいる
・浮気・不倫相手からの謝罪がない
・浮気・不倫開始までの夫婦関係が円満
・浮気・不倫相手が妊娠・出産した

これらの計算は専門家である弁護士が過去の裁判例・判例に基づいて算出することができますが、簡単な計算で導き出せるものではありません。正確な慰謝料の見通しを知りたい場合は、弁護士に相談することをお勧めいたします。

不倫・不貞の証拠にはどのようなものが必要?

浮気・不倫に対する慰謝料請求は、証拠に基づく必要があります。
弁護士は交渉する場合でも裁判をする場合でも、いずれも証拠に基づいて主張を行う必要があるため、証拠がない場合は浮気・不倫の相手から慰謝料は獲得できません。
詳しくは以下のリンクをご覧ください。

重点対応地域

当事務所では、大分県内~福岡県南部のご相談を中心に、さまざまな地域からご相談を受けております。
大分県宇佐市、中津市、豊後高田市、日田市、速見郡日出町、杵築市、大分市、別府市、福岡県豊前市、行橋市など幅広く対応中です(県外からも福岡県、東京都など幅広くご相談をいただいております)。

依頼する弁護士に迷われている方は
こちらもご覧ください

弁護士の探し方・選び方

電話で法律相談予約をする メールで問い合わせる アクセスを見る