Internet exploloerはサポート対象外ため、表示が崩れることがあります。 他のブラウザをご使用いただくか、Google Chromeをインストールすることで正しく表示することができます。

交通事故に遭って、弁護士に相談する時期は?

早めの相談が大切です

交通事故に遭ったら、これからどうなるのか?どんな行動をとるべきなのか?様々な不安に襲われます。そんなとき、弁護士へ相談に行って、「保険会社から賠償提案が来てからまた相談に来て下さい。」と言われたことはありませんか?

たしかに、弁護士が活動するメリットが最も生じることがあるのは、保険会社から賠償提案が来た後、増額交渉をしているときかもしれません。しかし、当事務所は、「弁護士はたんに賠償額を上げるだけではなく、法律の専門家として、交通事故被害者のトータルペインを除去する存在でなければならない。」と考えています。

事故直後の不安に寄り添うことを大切にしています
  • 保険会社から治療打ち切りを告げられた
  • 病院や整骨院へ通う頻度がわからない
  • 後遺障害が認められるか不安
  • 有給休暇は休業損害になるのか知りたい
事故直後の不安に寄り添うことを大切にしています

通院や治療中のアドバイスも受けられます

交通事故に遭った直後は、

・どのような頻度で通院すればいいの?
・病院と整骨院、それぞれどのくらい通えばいいの?
・休業補償をもらいたいんだけど、いつ・いくらを請求すればいいの?
・いつまで保険会社の費用で治療を続けることができるの?
など、様々な不安・疑問が浮かびます。

そのような不安を解消し疑問をこたえることで、被害者の方が治療に専念し、適切場賠償を受けるための準備をサポートする存在。弁護士はまさにそのような「被害者のトータルサポーター」であると考えています。

 

ご相談は予約制です。こちらまでお電話ください。
法律相談料:30分5,500円(税込)

EAPのご相談はこちらまでお電話ください。

メールで相談申込み

重点対応地域

当事務所では、大分県内~福岡県南部のご相談を中心に、さまざまな地域からご相談を受けております。
大分県宇佐市、中津市、豊後高田市、日田市、速見郡日出町、杵築市、大分市、別府市、福岡県豊前市、行橋市など幅広く対応中です(県外からも福岡県、東京都など幅広くご相談をいただいております)。

依頼する弁護士に迷われている方は
こちらもご覧ください

弁護士の探し方・選び方

電話で法律相談予約をする メールで問い合わせる アクセスを見る